MENU

 もともと性格的には内向的で積極的に女性を求めるタイプではありませんでした。
世に言う草食系男子と言う範疇に入るのかもしれません。
もちろん草食系と言っても性欲が全く無いなんて事もなく、ムラムラした気持ちは何時だって持っていました。
女性の体を使った性欲処理をしてみたい、こんな気持ちは常に会ったのですが、性格的にどうしても積極的に求めることができませんでした。
結局はオナニーの処理をするだけで、体験をすることができなかったのです。
学生時代というのはそれなりの出会いを探すことができる、時間もあるし女性たちもたくさんいるからその気になればセックスだってできたかもしれません。
しかし、社会人になってからは一気に状況が変わってしまいます。
とにかく仕事をしなければなりませんから、出会いを探すなどという事が難しいのです。
社内に女性はいますが、ここは恋愛をする場所ではなく仕事をする場所です。
内向的な性格もあるから女性に声をかけていく事もできません。
このような事もあって、結局のところは筆おろし出来ずに童貞を続けてしまっていたのです。
正直な話をすれば、セックスは本当に経験してみたいと思っていました。
女性の肉壷はどんなに気持ちいいものだろうか、そんな想像ばかり繰り返していたのです。
学生の頃からとても仲良くしていた友人とは頻繁に連絡を取り合っているし、たまに酒を飲みに出かけたりもしていました。
彼も非モテ代表みたいな男だったから童貞のまま、お互いに経験がないということもあって安心感を持った付き合いができていたのです。
彼は本当に非モテだから自分より先にセックスの経験はありえない、そう思い込んでいました。

しかし彼から連絡が来た時、そんな思いは打ち砕かれてしまったのです。

 

童貞狩りが趣味の女性を探すなら迷わずココ!
人気サイトBEST5
定番サイト登録無料